スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木蘭の涙


   逢いたくて 逢いたくて
   この胸のささやきが
   あなたを探している
   あなたを呼んでいる




夫がYouTubeで、東日本大震災に関連しての
楽曲を並べてるリストを見ていた
最初に一緒に聞いたのは、ゆずの「Hey和」
それから、アマチュアみたいなのもあったりして
で、結構マニアックなのもあったりして
ふたりでわいわいとしゃべってたけど
あれ?なんでこれが?と夫が言ったのが
タイトルの、スターダスト・レビューの「木蘭の涙」


昨日、新聞で消防団の人だか漁業関係者だかの方が
インタビューに答えていた
割と長い記事だったけれど、その記事の最後のほうに



  頑張れって言われるけれど
  これ以上、何を頑張ればいいのか



と、そのような趣旨のことを答えてられた

生きていくには泣いてばかりはいられない
でも、家族を失った方が多いこの震災
明日には月が変わる
季節は春になってゆく
今よりも喪失感は大きくなってゆくと考えられる
みんなが同じ状況、あるいはもっとひどい状況の方もいるなかで
亡くなった家族を思い泣くことも無理ないかと




   いつまでも いつまでも
   側にいると 言ってた
   あなたは嘘つきだね
   わたしを 置き去りに
   




こちらは今、白木蘭があちこちで
美しく咲いて、そして花びらを散らしている



スポンサーサイト

嫁姑バトル

昨日は、義母の定期健診に付き添った

いつもは息子とふたり

だが、昨日は義母の中では

「恋人」と化してる息子の、にっくき「恋敵」が一緒




痴呆というよりも

以前から、家にいれば横になってテレビの義母は

あっという間に足腰が弱まり

杖を突いても転ぶ始末



ということで、私が手を貸すんだけど…




最初は本当に尿意があったんだろう

(ということにしておきたい…笑)

私が手を貸し

座るまでを見送っり

音がしたら戸を開けまたベンチまで連れて帰った




その後に、旦那と話した

それが姑根性に火をつけた



その後、1時間に9回

トイレに連れて行って戻ってを繰り返した

1~2度は

   「トイレッ!」

と怒鳴った(笑)(笑)



ちなみに、旦那とふたりで検診に来てるときは

約3時間の待ち時間

1度トイレに行くか行かないからしい



ちなみに、午後から親戚が集まった時も

30分くらい一度もトイレには行かなかった




ほぅ、お義母さんよ

嫁がそこまで憎いか( ̄▽ ̄)



嘘つき


昨日は、週末の宮崎行きに備えて

兄ちゃんに食べさせてあげたいものとか

兄ちゃんにもってってあげたいものとか

いろいろそろえる予定だった




   寝てもーた( ̄∇ ̄;)



先ほど、兄ちゃんとメールをした

何が食べたいと尋ねると

故郷色のもの、というので…




   肉じゃがとか?


   いちお、牛すじの煮たの

   ローストビーフ

   ハンバーグを少しずつは

   もってってあげよーと思ってる




と返すと



   さんくす



とメールが届いた




おかーさんは、嘘つきです(`・ω・´)キリッ



品がない


政治家への好き嫌いはある

当時はどうしても賛同できなかった意見にも

後年、感じ入るものがあったり

流行り熱のようにその政治家に入れあげたかと思うと

1年で色あせて見えたりする




それはあるけれど…




現閣僚を非難する「つぶやき」を見かけた

その気持ちもわかる

でも、すぐに同意できなくなった

そこに書かれてたのは



   ○○(←大臣名)の妻なんかマニアなのか?

   バカと、チューとかエッチできるなあ



そんなもん、全然関係ないし(苦笑)



それはその人の価値観であって

その閣僚にはもちろん、奥様から訴えられても

仕方のない、それこそ人権侵害




被災してなくても

こんな火事場泥棒みたいな情けないことを

する日本人がいるのね~~~(笑)(笑)(笑)



転んだものを踏みつける

まだ山梨にいる時に
ママ友のひとりが弟夫婦家族の行動を嘆いていた

外食した時のことだと考えられる
子供が食べ散らかして
テーブルの下に食べ物が落ちたらしい
母親が、それを拾うかと思ったら
足でぎゅっと踏みつけたらしい



私は彼女や周囲の人たちと話していて
何も違和感感じず、いや~ね~と声を発したが
結構そんな人はいるんだと知った



被災、というのは何も家族が死んだ人だけではなく
命は助かったものの
家を失い、職を失い、
何も考えられない、そんな方々も数多いる
東北に直接住んでなくても
取引先が東北にあり減収は避けられない企業や人もいる
まだ混乱の中にいる



そしてうちの会社の仕事の一部も
まさにその関係先によって仕事が毎日変更されつつある



  ばっかやねーん
  2週間前にそんくらいのこと
  わかっちょんやんか

  そやな~
  手を打ちゃ~いいのにな~
  ばかで~



そういって、営業所長と契約社員のオンナとふたりで
きゃははと笑っていた
自分達の担当の仕事が明日にズレたらしい

   毎日のふたりの仕事内容と態度は知ってるので
   「明日の仕事」と大げさにいうのに
   失笑したのは言うまでもない
 


確かにトップや経営判断をする人は
おそらく東北にはいない
しかし、あの混乱の中で
誰にどうやって現状を把握させ
その後の指示を的確に素早く出せるだろうと
まだたくさんの遺体が埋まってるであろう
瓦礫の山の絵を頭に置いて考えた




確かに日本人はがんばってる
そして暖かい気持ちに満ちている




しかし、40を過ぎ、60に近い年齢のものでも
こんなに想像力がないものも
また現実にいる



緊急時には「人」が出る(苦笑)

素直に

3月も出費だらけだったけど

4月、5月も出費が続くので

4月に出かけるはずだった宮崎行きを

延期しようかと夫から提案



兄ちゃん自身からも、

来てもいいけど、俺ずっといないよ、と

牽制とも取れるメールが届いていた




いちお、聞いといてって言うので



   行ったほうがいい?

   行かない方がいい?



とメールを送ってみた

すると



   まあ一応きていいんだが(´・ω・`)


      
    ………
 



来て欲しければ来て欲しいと言えよ( *`ω´)ノ






親の責任

幼児教育学科で2年間勉強させてもらった私ですが
まったく保育士にも幼稚園教諭にも初っ端からなる気はなく
(父よ、母よ、ごめんね~)

でも、その中でもいくつか心に残る授業や言葉はありました



  子供が転んだら、すぐに手を出してはいけない



どの先生がおっしゃったかは既に忘れてしまったるんですが
これは、私の子育ての基本にもなっています


  子供が転んだらすぐに手を出したくなるでしょ?
  でもね、出しちゃだめなのよ。
  すぐに手を出すと、子供は自分で起き上がらなくても
  きっと誰かが手を出してくれると
  自分で立ち上がらなくなるんだな




今月25歳になる甥っ子が、東京の勤務先から帰ってきました。
もちろん、帰省ではなく
職を失うのも視野に入れての帰郷です。



過去のブログを読んでる方は
甥っ子の大学時代に親がどれだけ甘やかしてたか
私がイライラしてたのも見てるかと思いましたが
東京(現在は埼玉)に移り住んでまだ1年も経ってないのに
必要なものは車からすべて親掛かりでそろえてあげて
仕事で上京してるにもかかわらず、親が仕送りをし
更に、観光ではなく息子の様子を見に親が何度上京したことか



正直、あきれ返っていましたが
姉夫婦も50代、甥っ子も20代半ばということで
話を適当にあわせていましたし
少しずつは甥っ子も成長が見て取れたので安心していました



そこへ今度の震災です
もちろん、都内や埼玉近辺では未だに揺れはするものの
多くの方は日常生活を送っています
生活基盤を放り投げることが容易ではないことは
誰もが知ってます


ところがあっさりと甥っ子は帰郷しました


姉は震災直後から甥っ子を帰らせたい
職を失ってもいいと言ってました
確かに今も関東は大きな余震が続いてますが
では、明日、九州に上回る大災害が起きない保障はありません


なぜ呼び戻してしまったか…


春の使者


(ΦωΦ)ふふふ…


どの不在通知票よりも嬉しい


もちろん、昨日のうちに手元に欲しかったので


外出も考えて


一番最後の時間帯でお願いしました


クロネコの担当おにいちゃん、さんきゅです♪




     神戸の春


法事と救急車


土曜日・日曜日と

姑が、救急車で「運ばれた」




…が、救急車じゃなくても車で5分のところにある

かかりつけ医に着いたときは

訴えた症状はなく…




夫も私も仕事に出てるので

夫がお願いしてるナースの方が対応すると

タクシーで帰してくれるのだが

度重なる救急車騒動に病院も呆れたか

日曜日は「担当医の指示」で夫が迎えに行った

担当医は義母の顔すら見てないらしいんだが…




かかりつけ医からも

「厄介者」と認定されつつある今日この頃




で、義母はホントは何を訴えたかったかというと

息子を法事に出したかったらしい




その法事というのは、よく仏教で見るそれとは

義母のところはちょっと違うので

私のいないところで

直接息子にだけ頼みたかったようだ




たださ、救急車って緊急車両なの

痴呆なのか、それともそこまで私を嫌ってるのか(-_-;)




ヒステリー


昨日は、上司がいなかったもんで


窓開けオンナが暴走した


私のキーボードを叩く音が大きいといわんばかりに


両手で耳を覆って走り去っていった




すると戻ってきてから


自分の仕事を…といっても


とにかくエンターキーを延々と


それもすんごい強さで叩き始めた




その拍子で机上においてあったものが


バウンドして床に転がり落ちたくらい




幼稚園児でも


我慢できる子はできる




逆を言えば


42歳のオバハンであろーが


我慢できない人はできないってことね(笑)




「3」

朝から、前社長がうるさく


餌付けした以外の鳥が来て


餌付けした鳥に意地悪をしてると騒いでた


無視していたけど、ふと…





そうですね

3羽ってだめなんですよ

「3」てね

「3」居ると、必ず「1」を追い出すんですよ

それって鳥でも人間でも一緒らしいですよ






年寄りオンナは黙っていた


関係ない風を装っても


胸に響くものはあると黙っちゃうよね



すだれ



チビ助の髪の毛は


残念な雑誌の流行にのっとり


前髪だけシェーの「イヤミ」の前歯のごとく


朝、アイロンでまっすぐ斜め前に飛び出している


それも、鼻まであろうかという長さ




おかげで毛先が肌に当たって


目の下のほほはニキビだらけ


肌の汚い男子…汚い(笑)(笑)




そして、親から叱られる時


チビ助はその前髪を楯にして


前髪の間から目だけで上を見る




本人はスゴミを見せてるのかな?


親からは小心者がスダレの間から


思いっきり強がってるようにしか見えない




一体、こいつはいつになったら


親と真剣勝負する気になるんだろ(笑)(笑)




天皇陛下ですら、


今は御簾の向こうから話しかけない




いい加減に出てこーい(笑)(笑)(笑)




失敗


チビ助自身の怠慢で


遅刻ぎりぎりに家をでることになった


旦那はそれを見越して


送ってゆけるよう身なりを整えていた


でも、チビ助自身の問題だからと


それは旦那と話してたのに


最後の最後に私が


お父さんに頭を下げなさい、といった




旦那が出掛けに


余計なことを言うな、と吐き捨てていった






今日は、私がいけなかった


いつもは、言い返せるところがあるのに


最後に、自分だけ


息子に好かれようとしたのかもしれない




息子のためにも


よくない判断だった




誰も守ってくれない


熊本の20歳の大学生が


3歳女児を手にかけた


我が家にある古いぬいぐるみさえも


捨てるにはかわいそうだと思う場所で


3歳女児の亡骸はみつかった




自分が犯罪者になった場合に


家族・親族にどんな影響が及ぶか


あまりにも想像力に欠けているのではないか


それとも想像した上での犯行か







19歳


京大の入試のカンニングについて


19歳の男の子が逮捕された


17歳のチビ助は当然のことながら


20歳の兄ちゃんですら


こんなん、常識で考えてごらんよ?って思うことが


ぜーんぜん身についてなくて


教えてないわけでもないんだけど


痛い目を見なきゃわかんないんだな


それも一度や二度じゃなく


赤くなったり青くなったりを10回くらい繰り返さなきゃ


身にはつかないよなって思ってたので


ほんっとにバカタレが


まだ、やっていいことと悪いことと


わからんのかえっ( *`ω´)ノと


頭を数回叩きたくなった


彼に必要なのは、手錠じゃなく


彼を大切に思う人の


痛みを伴った平手打ちだと思う





人生って…



♪ ぶっちまっけたーいっが


  ぶっちまっけられない~


  じっんせ~って


  そっんなっもっのぉ~~~♪



ちーわーわーーーーーー(●^▽^●)/''



おおぉおおおおいいっ



ちーわーわーーーーーー



あたしは元気だよぉおおおお( ´ ▽ ` )ノ




プロフィール

さるび~

Author:さるび~
今日はどのさるちゃんで行くか

しばし考え中

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
フリーエリア
UNIQLO CALENDAR
カテゴリー
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。