スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦


小さいことを気にしすぎと注意される私
それから考えると対極にいるのが姉か?(笑)



母が倒れた後に
私が毎日通っていて
行き違いがあったときに
そこまで毎日行かなくても
と姉に言われた


救急搬送に付き添い
専門用語にピンとこない父に代わり
器官挿管も覚悟してくださいという説明も受け
ずっと血管造影の間も廊下で待ってた私と違い
血管造影とステントの設置が終わった頃に
義兄と病院に来た姉とは
認識の差もあるかもしれないけどね




私とは違う時間帯に
父を伴ってICUを訪れた姉
そこで「死ぬかと思った」「死んだかと思うた」と会話する
父と母に恥ずかしい思いをしたらしい
私にかなり愚痴っていた



姉の説明によると
本来は声をかけるべきナースセンターはICUの先にあり
入り方だけを覚えていた父は
直接ICUに行こうとしたらしい




昨日、母のところに行くと
父の見舞いを話してくれた
義兄とふたりで家にいたときに
「病院にいく」と立ち上がったので
義兄は、父が具合悪くて受診するのかと思って
義兄が慌てたらしい(笑)
父はひとりで母のところにきた


父は、母に会いたかったのだ

誰よりも

ふたりっきりで



確かに私は気にしすぎかもしれない
でも、父の気持ちもわかってあげようよ^^


スポンサーサイト

姑、復活


昨日、私が病院に行った時
最初、私がわかんなかった


アルカイックスマイルでやりすごしてる姑に



   わかる?

   ○○○だよ



そう言うと



   ○○…○さん……



と確認するように言った


しばらくすると

 
   なんで、ここに来たのかわからん


と話した

うわ~、危なかったんだ( ̄∇ ̄;)
よかったよ、今日が検診日でと心底ホッとした




さて、今日、定休の旦那が病院に行った
午前中に親戚が見舞ってくれたみたいで
パワーアップしてたらしい(笑)

昨日借り物だと行ってたパジャマは
実は旦那が姑の部屋のタンスから持って行ったもので
更に、着替える、というと
どんどん脱ぎ出しちゃうし
いつ施設に入るのかと何度も聞いちゃうし(笑)(笑)(笑)



行ったり来たり繰り返し



あみんの「待つわ」じゃないけど
痴呆の症状もそんなもん


その前に命を危険にさらすようなことは
もうやめようね^^





既に、保護


姑を介護施設に入所させることに
罪悪感はつきまとうもの


  私が仕事を辞めれば


  私が介護すれば


そんなことを姑自身がさくっと吹き飛ばしてくれた





11時過ぎに旦那からの電話
次にかかってきたのは12時半過ぎだった
姑が入院したという


今日は月イチの定期健診の日
介護施設は大分市内にあるため
実質的に今の病院では最後の検診になる

そのために旦那が姑を迎えに行ったところ
うつ伏せで布団の上に倒れていたという
いや、倒れていたというのはちょっと違う
うつ伏せになって動けなくなっていたらしい
着替えようとしたものの
熱中症による脱水状態で動けなくなったようだ



もう、こうなってくると
私が家にいてもどうなるものでもない
足が悪いために四つんばいでの移動を進めると
四つんばいはキモチ悪いからと立ち上がる
そして立ち上がっては転倒を繰り返す
それを四六時中見守るわけにはいかないのだ



「見守る」どころの話じゃなく
既に命を危機にさらさないために
「保護」の段階にあるんだ



天寿がくれば、それは納得いく
天寿がくるまで、多くの人間で保護してゆこう


見守る


姑を24時間介護の施設に入所させると
旦那と大方の話が決まり
母が倒れたことで
姑を待たせるわけにはいかなくなり
急遽、入所する施設が最終的に決まった後
しばらく、ものすごい罪悪感を感じてた


そんな時、ネットの知人の方が
私にこう話してくれた



   「捨てる」と思うから罪悪感感じるけど

   「見守る」と考えるの

   施設の人と、危険のないように見守るのよ



そうかぁ
そうなんだよね


姑は小脳の萎縮から一気に年を取った
年を取っただけではなく
生命の危険にさらされるようになった

施設で、スタッフに見守ってもらおう
食事もちゃんと取れるはずだ
立位、座位、安心して身体を預けられると元気にもなる
何より夏の暑さ、冬の寒さから
室温の保たれた場所で過ごせる




一昨日、持っていくものをチェックしに
姑のところを訪れた
夕方とはいえ、扇風機の微風では暑すぎる
エアコンを入れようとしたらコードつきのリモコンがない
コードが途中で切れたエアコンのリモコンが
下に落ちていた
夏、日中はいないとはいえ
ここに姑を置いておくわけにはいかない


うん、24時間介護スタッフと一緒に
姑を見守ろう( ´ ▽ ` )



スタッフの方、よろしくお願いします



そんなこと言われると、悲しいわ


  そんなこと言われると
  
  私、悲しいわ



そうやって、ウザおばさんはどこかへ消えた
泣いてたのかもしれない



私は昼前に彼女にこう言った


  私が戻ってきても

  ウザ子(旧窓明けオンナ)さんと話をやめなくても

  いいですよ^^



それに対して、
自分はそんなことをしてない
そういわれると泣いちゃうからということらしいんだけど…



でも、今日の午前中だけでも2度
一度なんて、私が彼女に話しかけるほんのチョット前のことなんだけど…




一瞬、私が言わなければよかったのかなと思ったけど
旦那に話したり
ネットの友達に話しても


  どんだけ厚かましい?

  それで自分がかわいそうって?キモチ悪い


ということで、無視に決定しました(笑)



そーいえば、ブログでも過去に
そんなの、やり返しちゃえって言われてたよな
私の甘いところを彼女達は笑ってたんだろうなあ



今も、ウザおばさんが、
若い取引先のお兄ちゃんに
張りのある声で応対してた
心配すること、なかんべよ


父、老いる

母の心筋梗塞にはもちろんびっくりしたけど
その兆候はあり
私的には、寂しいことだけど
見送るのは父よりも母の方が早いかなと思っていた


それでも、医師からの説明には
あまりにも急すぎると胸を締め付けられた


その母は、現在の処置でみるみる回復し
昨日の時点でICUは出て、HCUという
一段階緩い管理下におかれることとなった
一般病棟での経過観察もそう遠くないという



さて、その一般病棟での経過観察の後
母の希望はもちろん、家での療養
でも、それについては医療側も
積極的には勧めず
高齢で弱った足腰が更に今回の入院で弱ってるので
心臓の機能をチェックしながらリハビリを行える病院を
ワンステップ置くことを勧めた

私もそれが希望ではあるが
私は、既に実家を出た身で
その決定は

  父

そして

  同居している姉

そう思っていた



実は昨日、姑の24時間介護施設を正式に申し込むため
施設に行くことになっていた
そのため、少し早めに会社を出してもらって
母の顔を見てきた
その帰りに担当ナースに呼び止められ
説明を聞いた

でも、決定権は私にはない

少なくとも実家に
父と姉と義兄がいるなら
私は説明を聞いて説明はできるけど
決定権は実家の意向が一番反映されるべきだと考えた



ところが、夕方実家に行くと
父がかんかんに怒っている



  あんたに任せてるのに
  なんで、姉ちゃんに途中で投げるような
  そんな身勝手なことをするんやっ!!



その後、姉からも暑いからといいつつも
旦那が介入できないように
車という密室で延々嫌味を言われた



そもそも、私は頼まれて毎日病院に行ってるわけじゃない
姉は毎日行かないでもいいよねと言ったことに対して
私は帰途に病院があるから毎日顔を見に行くよと言っただけ


それを都合よく、私が母の一切をとりしきることに
ふたりから曲解されてしまっていた




旦那と話して、距離を置くことにした
母の顔は引き続き毎日見に行く、というか
旦那からお母さんのところには毎日行くようにといわれた
実家のこととそれは違うと


今日も、母の顔を見に行こう
母には申し訳ないが
用事があって実家には行けないからと言っておこう




それにしても…


父は老いた
母の現状と向き合わない娘を
叱り飛ばすどころか
責任を出た娘に押し付けるのは間違ってる


ICU


母は、順調な経過を辿っている


症状が落ち着いたときに、
治療に当たってくれた医師が


 
   波に乗れば
   心筋梗塞というのは
   2~3週間で退院できます



そう話していたのを
また、気休めをと思っていたが
あながちウソでもないのかなとも思う



帰途に病院があるため
決まって母の元を訪れるんだけれど
昨日は1人しかいないだだっ広い部屋で
夕方のニュースを見ていた
周囲に人がいないため
音を出していいらしい



退院後の話も出るようになった
しかし、ベッドの上部に置かれたモニターでは
高血圧の母の血圧は
ほとんど100を切っていた



何を表してるんだろう…



日々元気になっていく母が
ICUから出られるまで
まだ気がぬけない…


呼吸


毎月、あるいは数ヶ月おきに通ってはいても
実家は、医療情報を積極的に受け入れるほうではなかった


ごく普通の家庭である


我が家、特に私と次男が医療系に
少しだけ興味があっただけなんだけど
逆に怖くもあった



母はまず、初療室というところに連れてゆかれた
ポータブルのレントゲンが出入りしたりするところは
まさに、ドラマで出てくる「ER」である

ドラマはかっこよかったけど
実際はかっこいいというよりも
カーテンで仕切られてるだけの待合では
母の様子も、そんなドラマを見てるだけに手に取るようにわかった



担当医が説明に来たときには
後で来た父も一緒だったが


  酸素飽和度が下がってますので
  気管挿管も考えています


そう言われたときは、
そんなに危ないんだと胸が押しつぶされそうだった
幸い治療中に状況が好転し
酸素マスクのみでOKになったと次の説明で言われ
ホッとしたが、後で来た姉には言わなかった



昨日の夕方、ICUを訪れると
母は入れ歯のない、でも普段の顔を見せた


  昼過ぎにマスクが取れたんですよ


ナースが教えてくれた

呼吸は普段何気なくしてるけど
とても大事なことと
改めて思った


お断り


母が、心筋梗塞で
昨日の朝、救急搬送されました


最重症ということで
まだICUに入っています


ブログは急がなくて
いつもののんびりペースではアップする予定ですが
コメントにも
ちょっと元気がなくなるかもしれません


ごめんなさい

嫁っ!!!


姑の件でわかったこと

「嫁」というのは、一種の蔑視言葉




病院にて


  「娘さんですか?」

  「いえ、違います」

  ああ、お嫁さんですね」



福祉サービスの方と会ったときに


   「娘さん?」

   「いえ」

   「お嫁さんですかぁ




何なんでしょ?

これは(苦笑)



日々


姑のための

24時間体制の受入介護施設を

市内で探すことになりました




良い場所が、見つかりますように


丸亀製麺に通う日々


水曜日は旦那のお休みなので
待ち合わせてランチに出かけるんだけど
最近、水曜ランチといえば
ここに行こうと誘う場所


  
  丸亀製麺所



全国にあるみたいなので
ご存知の方も多いと思うけど
うどんに特化したファミレス


今日もここ、九州・大分は結構暑いんですよ
そんなわけで
今日のオーダーはこちら



 【ぶっかけうどん・冷 並盛り】



ネギは好きなだけ乗っけられるので
がつっと山盛りで♪
   ぶっかけ

今日は【揚げ半熟玉子】をトッピングしました




後で旦那が生姜を分けてくれたけど
サイコー+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚



しばらく、はまりそー


プロフィール

さるび~

Author:さるび~
今日はどのさるちゃんで行くか

しばし考え中

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
フリーエリア
UNIQLO CALENDAR
カテゴリー
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。