スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mixiには明るく書いたけど(苦笑)

かな~りイヤな気持ちになったことがありました



同僚様、以前から私が申し出ることには
すべて「NO」と言います

最初はなぜかわからなかったけれど
彼女はとにかく私が嫌いなんだということが最近ではわかる



これ、という理由があれば
例えば私が変えられるものであれば変わるし
変えられないものであれば、そこ以外のところで話もできる

ただ、彼女の場合、ときどきぷいっと私に腹を立てて
何日も口をきかない
もしくは、やたらとよそよそしくすることは多かった
それがここにきてずっと続いている



今日、同僚様がちょうどにお金を準備しなくてはいけない場面があった
よそ様から預かるものだけれど
相手が5千円札を出した
きっちりと5千円ではなかったその金額を準備するには
まず千円札にくずさなければいけない

彼女はくるりと振り返って、O様に言った

  
   すまんけど、5千円札くずせんやろっか?


O様のお財布も5千円札しかなかった
前例があったので、黙ってみていた
案の定、同僚様はO様の隣の席に座る私をまったく無視して
違う店所に出て行った

彼女にしてみればものすごく気持ちがよかったかもしれない
社長、O様、お金を支払う人の前で

こいつになんか、お金をくずしてもらう気なんてない
自分だけ無視されてすごく落ち込むだろう

そんな風に思ってるのかな?



以前同じようなことがあった
その時はもっとすごかった
O様に聞いてくずせなかった後、両替を申し出たら
それを断ってよその店所に行った
そこまで何が彼女をして私を憎ませるのか


相手のあることなので、私怨でごたつくのは彼女だけでいい
私は、O様に、まずO様のお財布の中の5千円をくずすことを提案した
そうすれば、同僚様が他人から言われたときにO様がくずせる
O様も言葉はなかったけれど理解していたようだ



同僚様が戻ってきたら、すぐに彼女のところによって


   5千円、くずせますよ



と声をかけると
自分のために、わざわざくずしてくれたんだと感激していた

もう彼女には期待はしない
でも、64歳の独り身の女が、こんなに哀れだと思ったことはなかった

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

64歳だったんだ、、、、、、、、、、、、、、、、

何にも言えない。空いた口も閉じられない。。。。
薄っぺらな人です

今は独身を通すのも流行りだけど…

彼女が50歳ちょっと過ぎた頃から
ずっと一緒の職場にいるわけだけど
多分若い頃に思ってるよりも、
独り身で家族を持たずに生きて行くって
ものすご~~~くうらぶれて寂しいもんだと思います。

64歳でこれだと70歳の頃は…

ご近所さんじゃなかったことだけよかったわ( ̄∇ ̄;)
プロフィール

さるび~

Author:さるび~
今日はどのさるちゃんで行くか

しばし考え中

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
フリーエリア
UNIQLO CALENDAR
カテゴリー
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。