スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州国立博物館へ

最初に「阿修羅」が身近になったのは
萩尾望都のマンガ「 百億の昼千億の夜 」でだった
ちょっと難解だけど、その世界観が好きで読んでた彼女の作品の中でも
原作のある、このマンガは私の中ではずっと残る難解な作品だった

それまでは、身内が死ぬと仏様になる、というくらいの
軽く、また身近な存在の仏教は
そのあたりから、私の中でちょっと特別な存在になったかもしれない


そのマンガの主人公の一人でもあった阿修羅
その阿修羅像が、奈良から九州にくる
多分、今みたいに仏像が流行ってなくても
行ったと思うなあ(笑)


今回は阿修羅像のフィギュアが販売されるということで
それ目当てで昨日も長い行列ができたらしい
私も最初は、手に入れば欲しいなあと思っていたけれど
今は、たとえ並ぶと手に入るということになっても
躊躇してしまってる自分になってる
フィギュアといっても仏様である
粗末にしてしまいそうで
そうすると、バチが当たりそうだもん


それでも、並べば手に入りますよ、と言われると
並んでしまうかもしれない
できれば、私が並ぶ前に
「売り切れです」と表示してくれるといいなあ
そうすれば、流されやすい私もすっきりと
「ないなら買えないじゃん」とあきらめがつくから(苦笑)


  ※ちなみに会社に置いてあるガネーシャ像も毎朝、雑巾で拭いている
    (アジアン雑貨の店で280円なり…笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

像と名がつけばそりゃぁ粗末には出来ないわね、たとえ280円の像でも・・・雑巾で拭くかぁ~オオーw(*゚o゚*)w ギャハッハー

売ってる姿は粗末に扱ってるんだけどね
50円くらいのお皿にじゃらじゃらと(笑)

雑巾で拭かないと、事務所すぐに埃かぶっちゃうんだもん。
ちなみに左右にお付のモノもいるのよんe-440
プロフィール

さるび~

Author:さるび~
今日はどのさるちゃんで行くか

しばし考え中

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
フリーエリア
UNIQLO CALENDAR
カテゴリー
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。