スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼吸


毎月、あるいは数ヶ月おきに通ってはいても
実家は、医療情報を積極的に受け入れるほうではなかった


ごく普通の家庭である


我が家、特に私と次男が医療系に
少しだけ興味があっただけなんだけど
逆に怖くもあった



母はまず、初療室というところに連れてゆかれた
ポータブルのレントゲンが出入りしたりするところは
まさに、ドラマで出てくる「ER」である

ドラマはかっこよかったけど
実際はかっこいいというよりも
カーテンで仕切られてるだけの待合では
母の様子も、そんなドラマを見てるだけに手に取るようにわかった



担当医が説明に来たときには
後で来た父も一緒だったが


  酸素飽和度が下がってますので
  気管挿管も考えています


そう言われたときは、
そんなに危ないんだと胸が押しつぶされそうだった
幸い治療中に状況が好転し
酸素マスクのみでOKになったと次の説明で言われ
ホッとしたが、後で来た姉には言わなかった



昨日の夕方、ICUを訪れると
母は入れ歯のない、でも普段の顔を見せた


  昼過ぎにマスクが取れたんですよ


ナースが教えてくれた

呼吸は普段何気なくしてるけど
とても大事なことと
改めて思った


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

義母さんの事もあるのに・・・
お母様、本当に大事にならなくて良かった!

皆さんお疲れが出ませんように看護なさってあげてくださいね

ママ、満を持して…ということでしょうか
もう、立派に大人になったでしょ?
きちんと役割を果たしなさいよ、と
そういわれてるようです

母はまだICUにいるので
面会すらも時間制限があります
厳しくなるのは一般病棟に移ってからかな?
もともと気ぜわしい人なので(笑)

姑は逆に、施設に早く入居したいようです
そのほうがいいのかもしれないな…

お母様大事に至らなくて・・・よかった
義母様入ったら入ったで又わがまま出るかも~
今は自分の母のことに専念したいわね
ICU早く出られますよぅ~

マダム、おかげさまで
母は日一日と元気を取り戻しています
ただ、私達が見るのと母が感じることは同じでも
医学的にはまだ危ないということで
ICUに置かれてると思うので
油断はなりません
医療機関にお任せします

姑の件はまた改めてアップしますが
こちらもまたあれこれと…(´-ω-`)
プロフィール

さるび~

Author:さるび~
今日はどのさるちゃんで行くか

しばし考え中

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
フリーエリア
UNIQLO CALENDAR
カテゴリー
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。